ニュース&トピックス

労働生理:職業性疾病

職業性疾病
具体的な問題での解説です。

1)熱射病は、発汗により水分と塩分が失われ、そこへ水だけ飲むと血液中の塩分が低下するために起こる。×

  • これは、熱けいれんの説明である。
  • 2)白内障は、赤外線の作用によって起こることがある。○
    3)白血病は、電離放射線のばく露によって起こることがある。○
    4)低体温症は、体内温度が35℃以下に全身が冷やされると起こる。○
    5)接触性皮膚炎は、セメントの取り扱い作業でも起こる。○


    ———————————————————————————————————–

    【ユーザー登録して無料サンプルを閲覧】

    はじめての方・・・下記【初めて利用します。(ユーザ登録を行う)】をクリックしてください。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンからでもユーザ登録頂けます(入力項目が少ないので簡単に登録できます)。ユーザ登録頂くと、たくさんのサンプル講座をご覧頂けます。

    ユーザ登録がお済みの方・・・ID、PASSをご入力後、ログインボタンをクリックでログイン頂けます。下記ソーシャルメディアアカウントをお持ちの方は、それぞれのボタンをクリックするだけでログイン頂けます。

     

    ご購入手続きの流れ

    下記の購入ボタンをクリック後、支払い方法を選択し、画面の指示に従ってお進みください。

    第一種衛生管理者が自宅で二日で合格! 12,800円(税込)
    【今すぐ購入する】

    第二種衛生管理者が自宅で8時間で合格! 9,800円(税込)
    【今すぐ購入する】


    「eラーニングをすべての人に!」
    株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
    Web : http://elearning.co.jp
    E-mail : international@kiban.jp
    担当:阿部 純子

    Print This Post Print This Post