「衛生管理者」ってどんな資格?

「衛生管理者」は、労働安全衛生法に定められた国家資格です。
同法によれば、労働者の健康障害や労働災害を防止するため、50人以上の従業員がいる事業場に、衛生管理者免許、医師、歯科医師、労働衛生コンサルタント等の免許、資格を有する者から、最低1人以上の「衛生管理者」を配置することが義務づけられています。
主な職務は、作業環境の管理、労働者の健康管理、労働衛生教育の実施、健康保持増進措置などになります。

 

第一種と第二種

「衛生管理者」には第一種と第二種免許があり、それぞれ適用範囲が異なります。
第一種衛生管理者免許保有者は、すべての業種の事業場において衛生管理者となることができますが、第二種衛生管理者免許では、有害業務と関連の薄い業種の事業場(情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など)においてのみ、衛生管理者となることができます。

受験資格については、以下のFAQを御覧ください。

試験科目・受験資格
http://eisei.elearning.co.jp/?page_id=134

Print This Page Print This Page